中古車ディーラーのコーティング技術

中古車屋さんで、店頭に並んでいる車がどれもピカピカにしてあるととっても印象がいいですよね。実際に洗車をしている姿を見かけることもあります。いくら中古で買うと言っても、やはり自分の車はピカピカがいいですものね。

 

中古車屋さんの規模や店舗の形にもよりますが、場合によってはかなり販売車両が汚れていることがあります。例えば雨ざらしのまま長期間売れずに残っていた車両などは水アカがしっかりついてしまっている可能性もあるんです。

 

もちろん自分で水アカ取りで頑張ってもいいのですが、やはり納車の段階でキレイになっていてほしいですよね。私の派遣先の会社は車通勤が許可されていないので、わたしが自分の車を乗り回すのは基本的に週末だけ。

 

残念ながら屋根付きのガレージではないので、こまめに洗車してあげないとすぐに汚れが溜まってしまうんです。今乗っている車も中古で買ったのですが、納車の段階でやはり水アカの汚れがついていましたね。その後ポリマーコーティングなどをしました。

 

最近話題の中古車ディーラーでは、自社の技術でガラスコーティングというものを施してくれるそうです。鏡面仕上げでとてもきれいなのだそうです。ポリマーコーティングと違い、車両表面の細かなデコボコを平にして、磨き上げ、鏡面仕上げにしてくれるそうです。汚れが付着しにくく、美しさが長持ちするらしいですよ。

 

納車の段階でそれだけきれにできると、その後大切に扱って、しょっちゅう洗車してあげようという意欲も高まりますよね。

 

特に女性だと、男性ほど力がなくて、手が届きにくいところは力を入れて洗えないことも多いですから、なるべく最初にきれいにしておきたいものです。中古車屋さんを巡るときに、置いてある車両の値段を気にするのは当然ですが、是非とも車両の洗車やメンテナンスが行き届いているかも注目したいですね。

 

また中古車ディーラーのように自社でコーティングをしてくれるところがあるわけですから、そうしたサービスがあるかどうかも尋ねてみるのがいいですよね。