中古車ディーラーを分かりやすく紹介

個人的に思うことの一つで、高級車の条件というのがあります。車体やエンジン、足回りなどの機械的なことは当然なのですが、内装も重要なファクターの1つです。

 

昔も今も見かける手軽な改造の一つに内装を変えるというのがありますが、自分の部屋を自分好みに飾ることと同じで、スポーツ志向の人は、アルミのパーツを取り付けたり、カーボン系のシートを貼ったりします。

 

カー用品の店やホームセンターなどにいくと、内装用の部品や小物などを目にすることは多いのは、お手軽だという証拠なのでしょう。では高級車の内装はというと、代表に本革シートがあります。

 

本革シートの車に乗ったことのある人はお分かりだと思いますが、ドアを開けた瞬間にそれだと分かります。ドアを開けた瞬間、革の匂いがするのです。視覚だけではなく、高級感が嗅覚から入ってくるというのは、車ではおそらく本革シートだけでしょう。シートに革を張るというのは、結構難しいものがあります。それはシートいうものが立体だからです。

 

分かり易く例えると、余った食材にラップをかけると皺ができます。伸縮性のある布でしたら、多少の誤魔化しはききますが、本革は伸びません。シートを張り替えるというのは、素人には難しく、職人の仕事だということです。そして肝心の本革のシートですが、当然のことながら高いです。職人の工賃も高くつくものとですが、当然布製に比べ仕入れが高くつきます。

 

ではノーマル状態で本革シートの車となりますと、車のグレード自体が違ってきますので当然高くなります。中古車ディーラーのHPに、オリジナル本革シートという項目がありました。

 

補修を兼ねた張替えだろうと見ていたのですが、組み合わせによるオリジナルの製作も可能としてあります。これだけの規模ですと、1メートル単位の仕入れではなく1ロール単位の仕入れのようですので素材の価格も抑えられ、自社の専門職人で製作しているようですので価格も他とはかなり違うと思われます。高級要素にするもよし、誰ももっていないオリジナルにするもよし、これはかなりお得だと思います。